問題集を使った社会の対策を知ろう

暁星中学の社会の傾向
暁星中学の社会の問題は、大問が3から5題出題される傾向になっており、歴史と地理の出題が多めで現代社会は少ない傾向にあります。それぞれ、文章記述だけでなく記号問題そして用語記入が出題されているのが特徴です。基本的な内容を問われることもありますが、合否に差がつきやすい問題はその場で考えさせる問題や正確な知識の部分になりますので、問題集を利用する場合は単に問題を解くだけではなく少し工夫する必要があります。
問題集を利用した暁星中学の社会科対策とは
暁星中学の社会の問題を解くために問題集を購入する場合には、単に一問一答のような形のものよりも、実際に同じぐらいのレベルの中学校のか過去問などがたくさん掲載されているものを利用した方がよいでしょう。なぜなら、実際の入試問題では図を見て答えを考える問題や地図を見てその場で考える問題などがよく出題されるからです。そのような問題は、実際に過去に出題された問題が非常に参考になるでしょう。ただ、問題集を使うにしても今後同じ問題が出る可能性はかなり低いですので、答えを覚える練習をするのではなく、答え方を身につけるような勉強方法を考える必要があります。しっかりとした知識を頭に入れたうえで答え方を身につけることができれば、応用問題に対応することができます。