暁星中学の理科の試験問題の有効な対策

ケアレスミスが合否を左右する
暁星中学校の理科の試験問題は、年度や分野によって求められる能力が異なるのが大きな特徴の一つです。例年生物や地学の分野は比較的簡単な問題に集中しているのに対し、物理や化学の分野は若干難易度が高く考える力が要求されます。受験者全体の平均を見てもそれほど高い得点率となっていないことからも、ケアレスミスをしないことが合格を左右するポイントと言っても過言ではありません。その上で、難しい問題で点数を重ねていくことでより合格が近づきます。
暁星中学校のレベルに合わせた勉強法が必要
前述したように、理科の科目では基本となる問題を確実に正解することが必要です。一般的に基本といえば問題集で出題されているレベルと考えがちですが、難易度の高さで有名な暁星中学校ではこういった一般例は当てはまりません。試験問題の傾向から見ても基本とされるレベルがかなり高いため、その点を踏まえて対策をする必要があります。
問題集以外からの知識も身に付けておく
理科の試験問題の中でも高難度と呼ばれる問題の中には初見の実験から考察を求められるケースも少なくありません。これらの試験問題はそれまで行なってきた勉強からでは答えが導き出せない場合もあります。当然暁星中学を受験している生徒全てが同じように難しく感じる問題なので確実に正解をしてライバルに差をつけたい所です。そのため、理科を専門としている指導者からのアドバイスを受けるのも有効な方法になります。