暁星中学校における社会の試験問題の特徴

問題数の多さと難易度の高い問題に対応できる準備
暁星中学校の社会の科目は試験時間40分の大問3〜4問形式が基本となっています。この形式については一般的な私立中学と同じなのでそれほど大変な印象は受けません。しかし、総問題数が50〜60問と若干多い上に記号や用語の記入による解答が大半を占めているので、試験問題の難易度としてはかなり高いと言えます。問題数と試験時間を考慮すると一問に時間を掛けすぎると全ての問題を回答できずに終わってしまうことも考えられるので、スピードと確実性を高める勉強が必要です。
試験問題の傾向から見えてくる暁星中学校の学習理念
一口に社会の試験と言っても、それぞれの学校によって出題される内容が異なりますが、暁星中学校では歴史、地理、政治など、社会の基本分野となっています。その中でも地理と歴史は試験問題に大きな偏りがなく、全体から万遍なく出題されるのが特徴です。政治の分野は日本の憲法や政治の仕組み、国際情勢が主な内容になります。こういった幅広い知識を求められる試験問題は、暁星中学校の社会への探究心と好奇心を養い思考力を高めていく学習理念が反映されていると言っても過言ではありません。